<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ただ今戻ってまいりました。またお世話になります。 | main | チャーリーとチョコレート工場 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

レディ・イン・ザ・ウォーター

評価:
ポール・ジアマッティ,M・ナイト・シャマラン,ブライス・ダラス・ハワード,ジェフリー・ライト,ボブ・バラバン
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,184
(2007-01-26)
『シックス・センス』『サイン』M.ナイト・シャマランが眠れぬ夜に贈る、
新感覚ミステリー

舞台は、多種多様な人々が集まるフィラデルフィアのアパート。
日々仕事をこなすだけの人生を送るアパートの管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ) は、
ある日突然プールに現れたひとりのレディ(ブライス・ダラス・ハワード)を発見する。
彼女はどこから来て、何を伝えに来たのか?

記号論者(シンボリスト)・守護者(ガーディアン)・職人(ギルド)・治癒者(ヒーラー)。
鍵を握る人々は、このアパートの中にいる。
彼女の名前は、ストーリー。出会った瞬間、何かが変わる。


ミステリーって言うより、ファンタジーではなかろうか。
舞台はこのアパートのみ。

水の妖精が必要な人に出会い、また帰っていく。
その課程で妖精を亡き者にしようとする敵(犬?)が出てきて
みんなで助け合って、妖精を助ける。

時間が足りないのか、説明不足感あり。
鍵を握る人物が全員アパートにいるっていうのも何だか都合がよすぎかも。
しかもみんな素直。

「あなたは○○という役を担っている」と言われれば
はいそうですか、と信じちゃってるんだもの。
その辺がファンタジーかな〜。
matika * Movie * 13:08 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:08 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ