<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゴシカ | main | ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ULTRAMAN

kuuのお好み度:☆☆

ウルトラマンの映画「ULTRAMAN」です。

フレッツ・スクウェアのネット試写会に当選したので、観ちゃいました。
Bフレッツで自宅から試写を観れるので、映画館に足を運ぶ手間が省けて
便利。映像自体も3Mbpsなので全画面表示でも十分耐えれる。
(若干のブロックノイズは我慢です)

まず映画のタイトル。なぜ英字?

で、今回のウルトラマンですが、名前はネクスト。
本編中で遠山景織子が勝手に命名してます(何様じゃ)。
テレビ版ではネクサスというウルトラマンが放映されてるようだけど、
身なりも名前も紛らわしい。
だいたい、昔からウルトラシリーズの命名には疑問が残る。
タロウ、帰ってきた〜(これ名前?)、〜の父、母 
“タロウ”って!昔、うちで飼ってた犬の名前もタロウだし。
父、母がいるんなら、ウルトラのじいちゃんも出してくれ〜

ちゃんとした名前付けてやってください>円谷さん

脱線しました。<(_ _)>

この作品、一応、子供から大人まで楽しめることになっている。
そのため多少大人向けに作られている感じはした。
(ウルトラマン世代のおっさん達が一番楽しいのかも?)
だからタイトルも英字なのかも。

残念なのは、特撮がしょぼく、展開が相変わらずワンパターンである
こと。
ヒーロー特撮モノとしては仕方ないのか?宿命か?
あと、敵(怪獣)がパッとしない。単なるヨゴレって感じ。
もうちょっとインパクトがほしい。
同じヨゴレでもプレデターぐらいのインパクトは欲しいところ。

よかった点は、
主人公がヒーローぶっていないこと。それから、ウルトラマンが未知の
存在で、それを人がどう受け入れるのかというところに着眼している
ところかな(とはいえ、中途半端な感じは否めないけど)。
あと、カラータイマーの形もわりと好き(丸いランプは変だもん)。

ウルトラマンつながりで、こんなネタ↓も紹介しておこう。
爆笑モノとしてお勧めなのだ。
ウルトラ6兄弟+α。

※↑この記事は、「ゲームプログラマ ++;」というゲームプログラマの方の
 ブログサイトのいちエントリです。
 #おいら、いつも楽しく見させていただいてるのよん。読み逃げだけど。

ULTRAMAN公式サイト
http://www.ultraman-movie.com/
kuu * Movie * 12:05 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:05 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

[映画] 光の国から僕らのために

M78星雲とはちょっと違うモノなんですよ。 Read more...
From ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】 @ 2006/02/16 6:02 PM
このページの先頭へ