<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< トゥモロー・ワールド | main | エラゴン 遺志を継ぐ者 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

007 カジノ・ロワイヤル

評価:
ダニエル・クレイグ; エヴァ・グリーン; マッツ・ミケルセン; カテリーナ・ムリーノ; ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト; ジャンカルロ・ジャンニーニ,マーティン・キャンベル
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
今作から、6代目ジェームズ・ボンド役としてダニエル・クレイグが起用されている。
先代のピアース・ブロスナンが超ダンディでボンド役にすごく似合ってたから、正直、残念と思っていた。
またダニエル・クレイグの第一印象は「暗そう」「モテなさそう」と最悪だった。

観てみた。すごくおもしろかった。
ダニエル・クレイグのボンドのほうが好きになってしまった。
007シリーズではひさびさの超特大大ヒットではないだろうか!

これこそが本当のスパイ映画であり、この作品を観てしまうと、前作までの最近の007は「スパイごっこ」的映画だと言わざるを得ない。
スリル、駆け引き、生死をかけている感が半端ではないのだ。

冒頭からアクション満載だし、ダニエル・クレイグがすごくカッコイイ。
骨太というか、野性的というか。それでいてユーモアと渋さが絶妙である。
ホレてしまいそうだ(うそ)。

近年のボンドはダンディなのはいいんだけど、どこか余裕かまして、楽々こなしてしまうので、ドキドキ感が不足。正直、物足りていなかった。

これからのボンドはダニエル・クレイグに決まりだね。
次回作も期待して待っていよう。
kuu * Movie * 23:41 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:41 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ